オフィスでもらうと嬉しいものを大調査!

オフィスにおいては、社員の体調を良くすることができる販促品が良いです。温湿度計が便利とされています。

オフィスでもらうと嬉しいものを大調査!
オフィスでもらうと嬉しいものを大調査!

オフィスでもらうと嬉しいものを販促品にする

空調管理をするとき、エアコンに頼りきっていることがあるでしょう。何度かに設定しておいて、後はその部屋で過ごすだけです。

その部屋で過ごす人にとってはそれで良いですが、外出する人にとっては外の様子が気になります。
気温が非常に高くなっていたり、湿度が高くなっていることがあります。
梅雨の時期においては、不快指数が発表されることがあります。
そのような環境では、あまり仕事もできにくいことになります。
社員のことを考えるのであれば、常に仕事をする場の環境について、知っておき、事前に適切にアドバイスが出来ればよいでしょう。今日の気温はこのような状態だから、こういうことに気をつけなければいけないと言えると社員も助かります。

春であったり、秋、冬などは、それほど困ることはありません。ある程度自分で管理できるからです。

困るのは夏です。

梅雨の時期から、ジメジメとしてきます。
このジメジメとした環境が、熱中症の危険が高いとされています。
オフィスにおいて、もらうと嬉しい販促品としてあるのが、温湿度計だそうです。

最も単純なのは、単に温度と湿度を表示するだけになります。
気温が30度、湿度が50パーセントなどの表示がされていることになります。
でもそれが、どのような環境なのかピンと来ない人もいるでしょう。湿度に関しては、どれくらいが多すぎるのか、どれくらいが低すぎるのかの基準がわかりません。何かの基準があって、異常な状態になったときに警告を出してくれると、それに備えることができます。
また、環境を改善するようにすることができるのです。

少し上等なものになると、ある環境の変化で警告を出すものがあります。
温度と湿度の関係から、熱中症の危険性が多くなったときに警告音がなります。
冬においては、インフルエンザウイルスが活動しやすい温度と湿度の関係になったときに、警告音がなります。
寒くて、湿度が低い場合に、その条件になりますから、警告音が出された時には、湿度を上げたり、温度を上げたりすることで対応するようにします。
社員の体調も良くすることができます。

イチオシサイト

Copyright (C)2017オフィスでもらうと嬉しいものを大調査!.All rights reserved.